ブリッジSE求人.com【※レアな採用情報が見つかる!】

TOP >> 希望の勤務国で選択 >> インドで日本人ブリッジSEとして働く

インドで日本人ブリッジSEとして働く

インドは南アジアに位置する国で、国面積としては世界第7位と広く、人口も約12億人と世界1位の中国をもうすぐ抜く勢いで増えているアジアの大国です。経済成長もめざましく、GDPも世界11位ということで経済的にも発展している世界的に注目されている国でもあります。公用語はヒンディー語ですが、英語が広く普及しているため、公用語としては英語が広く普及しています。インド人は数学に強いことでも有名で、欧米のIT企業の中枢にはインド人が多くいることはよく知られている話です。インドでブリッジSEとして働く場合は、英語が必要となります。もちろん、英語が話せるだけではダメで、幅広いコミュニケーション能力やマネジメント能力が要求されるのは、他の国でブリッジSEとして働く場合でも同じことです。特にインドでブリッジSEとして働く場合は、インド人独特の生活習慣に慣れる必要があります。インド人の多くがヒンドゥー教徒であり、ヒンドゥー教の身分差別であるカースト制度の影響がまだ残っているので、そういったことを念頭に置いて現地のインド人システムエンジニアと接しなければいけません。

では、インドで日本人ブリッジSEとして働くにはどうしたらいいか、わかりますか?通常の求人には、インドでの日本人ブリッジSEの求人は、まず見つからないでしょう。こういった案件は非公開となることが多いからなのです。なぜ非公開なのかというと、それは企業の戦略にも影響してくるため、あまり公にはしたくない、というところがあるからなのです。

では、どうやってインドの日本人ブリッジSEの求人を探すのかというと、IT・インターネット関連専門の転職支援サイトを利用するのです。これらのサイトに登録すれば、非公開の求人情報をたくさん見つけることができます。もちろん、その中には、インドのブリッジSEの求人も含まれています。これら専門の転職支援サイトでは、現場の生の情報をたくさん集めていて、膨大な量のデータとして蓄積しているのです。ですから、求人情報からだけではつかめない各企業の細かい情報を持っているので、それを基に、求人者に的確なアドバイスをすることができるのです。実際にインドでブリッジSEとして働いている人が困っていることは何なのか、とか、これができると現地の従業員と上手くやっていける、といった情報を基に、有利な転職活動を進めることができるのです。もしあなたがインドでブリッジSEとして働くことを希望しているのならば、こういったブリッジSE専門の転職支援サイトを活用しましょう。

>>ブリッジSE向け求人サイトの人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 ブリッジSE求人.com【※レアな採用情報が見つかる!】 All Rights Reserved.