ブリッジSE求人.com【※レアな採用情報が見つかる!】

TOP >> 希望の勤務国で選択 >> フィリピンで日本人ブリッジSEとして働く

フィリピンで日本人ブリッジSEとして働く

フィリピンは、人口が9,000万人を超え、1億人に迫ろうかというくらいの人口の伸びがあり、人件費の安さからオフショア開発に最適なアジアの一国です。フィリピンの国語はフィリピン語ですが、公用語は英語も使われており、オフショア開発を行う場合に、ブリッジSEに必要な語学が英語になるということでも、人気の勤務先となっています。また、上がってきたとはいえ、まだ物価も安いので、フィリピンで生活するのはあまりお金がかからないので、金銭的な負担はかなり少なくて済みます。ただ、言葉は英語で話せても、フィリピン人と日本人の生活習慣は全く違います。フィリピンには貧困層の問題もありますので、そういったフィリピンのお国事情をしっかりと把握した上でのブリッジSEでの勤務が必要とされます。

フィリピンで日本人ブリッジSEとして働く方法とは?普通に求人を探しても、なかなか出てこないでしょう。実は、こういった専門の特殊な求人というのは、非公開になっている場合がほとんどです。それは求人を出している企業の戦略からこうなっているのですが、非公開といっても、一般的には非公開なだけで、あるところにはあるのです。では、どこにフィリピンの日本人ブリッジSEの求人があるのでしょうか?

実は、IT関連やWeb関連専門の転職支援会社に登録されているのです。これらの専門の転職支援会社には、通常の求人には出ていない、非公開の求人情報がたくさん公開されていて、ブリッジSEの求人も、ここにはたくさん公開されているのです。このブリッジSE専門の転職支援会社のコンサルタントは、レベルの高い専門知識を持っているので、ブリッジSEについて熟知していますし、求人をかけている会社についても現場の情報やデータを豊富に持っています。それらのデータを基に、ブリッジSE転職希望者にアドバイスしたり、各種サポートをしたりしてくれるのです。こういった専門家のフォローなしにブリッジSEになろうとしても、なかなか厳しいでしょう。ですが、ブリッジSE専門の転職支援会社を利用することが、フィリピンで日本人ブリッジSEとして働く正しい道なのです。難関大学に合格するために、受験勉強をしますが、それだけではダメで、塾の難関大学専門コースで勉強することで難関大学に合格できる、というのに似ています。ブリッジSE専門の転職支援会社のサポートを受けて、是非、フィリピンでブリッジSEとして活躍してみてください。

>>ブリッジSE向け求人サイトの人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 ブリッジSE求人.com【※レアな採用情報が見つかる!】 All Rights Reserved.