ブリッジSE求人.com【※レアな採用情報が見つかる!】

TOP >> 希望の勤務国で選択 >> シンガポールで日本人ブリッジSEとして働く

シンガポールで日本人ブリッジSEとして働く

シンガポールは東南アジアにある、多くの島で構成される国で、人口は約540万人と少なく、国自体の総面積も東京23区とほぼ同じ面積と狭いのが特徴です。シンガポールの一人当たりのGDPは高く、世界でも上位に位置するレベルです。そのため、国際競争力が非常に強く、富裕世帯の割合が世界で最も高い国でもあります。シンガポールは、香港と同じように欧米各国の多国籍企業のアジア太平洋地域の拠点が置かれることが多いため、今では東南アジアの金融センターとして君臨しています。日本のIT企業も個人企業や小企業は、税制面の優遇さのメリットを活かして拠点をシンガポールに移しています。

シンガポールは経済成長が著しく、オフショア開発も盛んに行われているため、ブリッジSEの需要も高いのです。シンガポールの公用語は、英語・中国語・マレー語・タミル語ですが、学校教育で英語が必須になっていること、ビジネス・行政で広く英語が使われていることから、シンガポールで日本人ブリッジSEとして働く場合、必要な語学は英語となります。現地のシステムエンジニアとのコミュニケーションで注意することは、シンガポールは中国文化圏であることから、中国独特の風習や習慣があるので、そういった点を頭に入れておく必要があるということです。

では、実際にシンガポールで日本人ブリッジSEとして働くためにはどうしたらいいのでしょうか?シンガポールでの日本人ブリッジSEの求人探しから始まります。ブリッジSEは特殊な職業であるため、通常の求人情報を探しても、得られる情報はごくわずかです。ブリッジSEの求人自体が非公開求人になっている場合が多いため、日本人ブリッジSE専門の転職支援会社を利用するのが得策です。これらの日本人ブリッジSE専門の転職支援会社には、非公開のブリッジSE求人が登録されているのです。もちろん、ブリッジSEに関してはスペシャリストですから、あなたのブリッジSEとしての能力を細かくデータ化し、日本人ブリッジSEを募集している会社の要求と比較検証してくれます。そこで、あなたに何か足りない要素があれば指摘してくれますし、もちろん、転職がうまくいくための指導もしてくれます。中には、面倒くさい書類応募や面接日程の調整などまで請け負ってくれる転職支援会社もあります。模擬面接もありますので、あなたがブリッジSEとして転職に成功する確率はグッとアップします。もし、シンガポールで日本人ブリッジSEとして働く覚悟があるのなら、こういった、日本人ブリッジSE専門の転職支援会社を利用してみてください。きっと、新しい道が開けます。

>>ブリッジSE向け求人サイトの人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 ブリッジSE求人.com【※レアな採用情報が見つかる!】 All Rights Reserved.