ブリッジSE求人.com【※レアな採用情報が見つかる!】

TOP >> ブリッジSEの基礎知識 >> ブリッジSEに必要なスキル

ブリッジSEに必要なスキル

ブリッジSEに必要なスキルの第一は、当然ながら語学です。中国でブリッジSEとして勤務するなら中国語、インドやフィリピンなどの英語圏でブリッジSEとして勤務するなら英語が堪能でないといけません。ブリッジSEに必要なスキルは、外国語だけではありません。専門用語をそのまま訳して説明しても、言葉の意味は伝わるかもしれませんが、それを自分たちが行っている仕事に落としこむには、もう一段階の変換が必要です。そのためには、現地の外国人とのコミュニケーション能力が必要となります。そのコミュニケーションも、日本人とは感覚が全く違いますので、現地の外国人の適性に合わせたコミュニケーションを図る必要があるのです。意思の疎通一つとっても、日本人なら簡単な説明で理解してもらえるものが、外国人には、その背景や大前提の部分まで説明しないととんでもない勘違いを引き起こすことだってあるのです。ただのSEなら、自分に与えられた仕事をこなすだけでよかったものが、ある意味、ブリッジSEはマネジメント能力も必要とされます。現地でのプロジェクトをまとめ上げるマネジメントのスキルがないと、仕事は進んでいかないのです。このように、ブリッジSEに必要なスキルは多岐に渡ります。単なるSEの仕事一辺倒の人間では到底務まらない、レベルの高い仕事だと言えます。

ブリッジSEに必要なスキルを身に付ければ、それでもうブリッジSEになれるかというと、そんなに簡単な話ではないのです。どうやってブリッジSEになるのか、その方法を知っていますか?というのも、まず大前提として、ブリッジSEの求人数が、「表向きは」少ないということです。この、「表向きは」という言葉の意味は、こういうことです。ブリッジSEの求人は、通常の求人ではなく、非公開求人であることが多いからなのです。非公開求人にするには企業側に理由があり、ライバル会社に求人情報を見られたくないとか、社内の極秘プロジェクトという場合があるからです。

では、こういった非公開求人を見つける方法とは、どんな方法なのでしょうか?その方法とは、ブリッジSE専門の転職支援会社に登録する、ということなのです。実は、ブリッジSE専門の転職支援会社にこそ、一般公開されていない非公開のブリッジSEの求人が集まっているのです。もちろん、ブリッジSE専門の転職支援会社には過去のブリッジSEの転職実績も多数ありますし、ブリッジSEへの転職を成功させるためのノウハウも蓄積されています。ブリッジSEに転職するなら、ブリッジSE専門の転職支援会社に登録するのが正解です。

>>ブリッジSE向け求人サイトの人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 ブリッジSE求人.com【※レアな採用情報が見つかる!】 All Rights Reserved.